人にはその仕事に対しての、向き不向きがあるよね。
俺はどちらかと言うと、このボーイの仕事は・・・何だかんだ向いてるかも。根拠はないが(笑)
まぁ向いていれば、出世はできるだろうし。不向きならば、長続きはしないだろうし。
今回は、どんな性格の人がボーイに向いていて、どんな性格の人が向いていないのかを解説していくよ!

ボーイに適性がある人の特徴

昔、女性が好きな人はキャバクラのボーイに向いているって聞いたことある。
キャバクラの売り上げを左右するのはキャバ嬢であったから、ボーイはそのキャバ嬢をサポートしてあげないとならないからな!キャバ嬢のコンディションが悪いと売上が落ちたりするし。
そのため、女性好きや扱いが上手な人は、このボーイの仕事に向いてるのだとか。

そのほかにも、向いている人には様々な特徴がある。

根性がある

根性がなければ、どんな仕事もやっていけないよ!
「あー、嫌なことあったから辞めよう〜」とか「昨日、嫌なことあったから休も〜」とか、そんなんじゃもうどこでもやっていけないわ!(笑)今時の子は根性が足りないのが多い。

地頭がいい

地頭って言うのは、つまり理解力が早くて、コミュニケーション能力も高い人のことを言う。
ボーイは喋りも上手くないとダメだもんな!

要領がいい

要領がよくて頭の回転が速い人も、ボーイに向いてるよ!
ボーイは思っている以上に激務なんだぜ・・・。仕事を幅広く、テキパキ仕事をこなさないとやってけないからな!
そして無用な消耗を避けるためにも、要領の良さは求められて来るんだ。

ボーイに適性がない人の特徴

プライドが高い人はやめておいた方がいい。ボーイは裏方であって、キャバ嬢の下。
それに上下関係では最も下に位置する。上司の言うことは絶対な立場なんだ!
「は?なんでお前にそんなこと言われないといけないんだよ!」と思ってしまうのであれば止めたほうがいいな(笑)

人見知り

人とがっつり関わらないとやって行けない世界で、人見知りとほざいていたら、そりゃあやってけないわ(笑)

女性が苦手

キャバ嬢を担当したりしないといけないのに、女性が苦手となると厄介だ(笑)
女性の気持ちをわかって接してあげないと、キャバ嬢との信頼関係は生まれないし、ボーイのお仕事は長持ちしないよ。

気が短い

気が短い人だと、キャバ嬢のわがままやお客さんの理不尽な言葉にすぐ言い返してしまう為、仕事になりません(笑)
グッと我慢するのも大切なので、怒りっぽくて、すぐカーっとなるタイプはお店側もNGですよ。

まとめ

大体わかってもらえたかな?これで、自分がボーイに向いているのか、向いていないのかを見極めてみよう!
向いてる方は、今すぐボーイの世界へカモン!(笑)